#Twitterトレンド大賞 2020
ライブ配信
事後レポート

Twitterの利用者によって作られた1年のトレンドを総決算するアワード「#Twitterトレンド大賞 2020」が12月22日に公式Twitterアカウント(@TrendAward)で配信されました。

「#Twitterトレンド大賞 2020」で挙げられるトレンドワードは、日本語でツイートされた膨大なデータを分析してピックアップされたもの。通年でのツイート量やトレンドインしている間のリツイート、リプライ、いいねの数などをまとめた独自のアルゴリズムで総合的に分析し、今年の「本当のトレンド」を決めるものです。

新型コロナウイルスの感染拡大により、まさに歴史に残る1年になった2020年。経済や政治だけでなく、スポーツやエンタメ、そして世界中の人々の生活が深刻な影響を受けました。そんな中、日々多くの利用者が集まるTwitterでは、どんなことがツイートされてきたのでしょうか?

メインMCはロンドンブーツ1号2号の田村淳(@atsushilonboo)さん、サブMCは鷲見玲奈(@sumi_reina)さんが担当。天の声は木村昴(@GiantSUBAru)さんが担当しました。トレンドコメンテーターは堀潤(@8bit_HORIJUN)さん、駒井千佳子さん、生島淳(@meganedo)さん、林克彦(@Famitsu_Hayashi)さん、加藤亘(@wkato)さん、天津の向清太朗(@tenshinmukai)さん。

番組は新型コロナウイルスの感染予防の観点から、3部構成で実施。各部にゲストと、今年の顔と呼ぶべきスペシャルプレゼンターが登壇し、番組を彩りました。

第1部では第20位から第16位まで発表。プレゼンターとしてJO1が担当!

第1部のゲストはゆきぽよ(@poyo_ngy)さん。プレゼンターは2020年にデビューを飾った11人組グローバルボーイズグループ・JO1(@official_jo1)の川尻蓮さん、川西拓実さん、豆原一成さんが務め、第20位から第16位までを発表しました。

第20位 ポケモン

9月29日に「ポケットモンスター」とBUMP OF CHICKENとのコラボレーションMV「GOTCHA!」が公開され、大きな反響を呼びました。ファミ通グループ代表の林克彦さんは「自分の冒険を追体験するようなMV。ポケモンのチームは毎年なにか必ず新しい施策を仕掛けてくる」と評しました。

第19位 #sailormoonredraw

「#sailormoonredraw」は、5月からTwitter上で流行したハッシュタグです。「美少女戦士セーラームーン」シリーズのセーラームーンを様々な絵柄で描くというチャレンジに、多くの有名クリエイターや著名人も参加しました。番組では様々なタッチで描かれたセーラームーンのイラストを紹介しました。

第18位 #東京都知事選挙

著名人がTwitter上で投票を呼びかけたり、普段は気づきにくい視点を自分の言葉で提供したりしたことから大きな話題になりました。

田村淳さんは「僕はTwitterを始めたころから、政治経済などについてわからないなりに発信しようとしてきました。7、8年前はお前ごときが政治について語るな、みたいな罵詈雑言が飛んできたが、いまはだいぶ発信しやすくなりました。Twitterで政治について語れるのは良い時代になったんじゃないか。」と自身の体験を交えて語りました。

第17位 #半沢直樹

7年ぶりとなるドラマ「半沢直樹」シリーズの新作は、7月から9月にかけて放送。最終回の視聴率は30%を超え、Twitter上でも毎回話題に。10話全てが世界トレンド1位となる快挙を達成しました。

第16位 ハイキュー

7月に人気バレーボール漫画「ハイキュー!!」が8年間の連載を終えたことからランクイン。田村淳さんは「昔だったら作品への自分の思いをぶつける場所がなかった。Twitterが生まれてTwitterで思いをぶつけて、それに共感してくれる人がいる」とコメントしました。「ハイキュー!!」を全て読んでいたというJO1の川尻蓮さんは、「何回も泣いた作品だったのでちょっと寂しい気もしたんですけど、(無事に)終わってよかったなという気持ちもありました。」と思いを語りました。

第15位から第11位まで発表。プレゼンターとしてダルビッシュ有さんがVTR出演!

第2部のゲストはオーイシマサヨシ(@Masayoshi_Oishi)さん、後藤真希(@gotomaki923)さん、花澤香菜(@hanazawa_staff)さん。プレゼンターは今年メジャーリーグで大活躍したダルビッシュ有(@faridyu)選手が担当し、VTRで第15位から第11位まで発表しました。

第15位 いのちの輝き

2025年開催の「大阪万博」ロゴマークのテーマである「いのちの輝き」に関するもの。細胞を意識した赤い球体を繋げたデザインは、インパクトも大きくTwitter上ではクオリティーの高い二次創作が多く投稿されました。加藤亘さんは「じつにTwitterらしい広がり方」と評価しました。花澤香菜さんは「じわじわ可愛い。(声優の)オーディションはないのかな、と思いました」とコメント。その後、「いのちの輝き」をイメージした声を披露して喝采を浴びていました。

第14位 ツイステ

ツイステこと「ディズニー ツイステッドワンダーランド」は、ディズニー・ヴィランズの魅力にインスパイアされたキャラクターたちによるヴィランズ学園アドベンチャーゲーム。アニプレックスがウォルト・ディズニー・ジャパン協力のもと企画・制作し、スマートフォン向けに配信しています。Twitter公式アカウント(@twst_jp)も100万フォロワーを超える人気ぶりです。

第13位 フリート

11月にTwitter Japan が日本の利用者に向けて、一定時間が経過すると消える新たな会話方法として、新機能「Fleets(フリート)」を実装していくことを発表しました。フリートが使えるようになった利用者によって、視覚的に文字を配置できる機能を駆使した遊び心あふれる投稿が集まりました。

第12位 #手越会見

6月に事務所を退所した元NEWSの手越祐也(@YuyaTegoshi1054)さんが緊急会見を開き、注目を集めました。会見の様子を自身のYouTubeチャンネルで生配信し、事前にTwitterに寄せられた質問に答えるスタイルも話題に。コメントを求められた田村淳さんは、「会見恐怖症になっていた時期なので見てないですね。話題になっていたのは知ってたんですけど、会見は見られないんですよね、最近」と苦笑いしていました。

第11位 マスク2枚

4月1日、新型コロナウイルスの感染拡大防止の一環で、安倍晋三前首相が5千万あまりある全世帯に布マスクを2枚ずつ配る方針を表明。これに対してTwitter上には賛否両論、様々な声が集まりました。

第10位から第6位まで。プレゼンターは市川猿之助さん!

第3部のゲストはカンニング竹山(@takeyama0330)さん、チョコレートプラネットの長田庄平(@ChocoplaOsada)さんと松尾駿(@chocopla_matsuo)さん、山之内すず(@__suzu__chan)さん。プレゼンターは『半沢直樹』での熱演も話題になった市川猿之助さん。第10位から第6位まで発表しました。

第10位 安倍総理

7年半におよぶ長期政権を築いた安倍晋三前首相が、8月28日の記者会見で辞任を発表。労いの言葉などを寄せた各国の首脳らに、安倍前首相はTwitterで「温かいメッセージをありがとう」などと謝意を伝えました。

第9位 センター試験

2020年1月をもって、1990年から実施されてきた大学入試センター試験の本試験が終了。2021年1月からは新たに「大学入学共通テスト」が実施されます。Twitterではたくさんのセンター試験の思い出がツイートされました。

第8位 トランプ大統領

11月、共和党のドナルド・トランプ(@realDonaldTrump)大統領と民主党のジョー・バイデン(@JoeBiden)氏が、次期大統領の座をめぐって争う、アメリカ大統領選挙が行なわれました。勝利を宣言したのは民主党のバイデン氏。新型コロナウイルスの影響でなかなか結果が出ない中、2人による戦いの行方はTwitter上でも熱く語られました。

第7位 ブルーインパルス

5月29日に新型コロナウイルスへの対応を続ける医師や看護師などの医療従事者に敬意を示すため、航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が東京都心を飛行したことが話題になってランクインしました。番組ではブルーインパルスが飛行する様子を撮影したツイートを紹介。出演者たちはブルーインパルスの姿に見入っていました。

第6位 どうぶつの森

巣ごもり需要もあって世界的ヒットとなった「あつまれ どうぶつの森」。番組では関連するツイートに注目しました。中でもゲーム中でキャラクターがベッドに入る際のアクションを再現した動画には、山之内すずさんも「本当に似てますね。ベッドから再現度高いですね」と笑顔で太鼓判を押しました。

Twitter データで振り返る「コロナ」。ポジティブなハッシュタグランキングも発表!

第5位から第1位は、メインMCの田村淳さんから発表されました。

第5位 鬼滅の刃

テレビアニメの大ヒットや「週刊少年ジャンプ」での連載終了、映画公開など、1年を通じて話題となった「鬼滅の刃」。10月16日から劇場公開された映画「劇場版「鬼滅の刃」無限列車編」は興行収入300億円を超える歴史的な大ヒット作品となりました。

Twitterでは作品の感想などが数多くツイートされました。「君の名は」の新海誠監督が興行収入を抜かれたことに対してリアクションしたツイートも追加しました。

第4位 100日後に死ぬワニ

きくちゆうき(@yuukikikuchi)さんが2019年12月12日からTwitter上で発表してきたウェブ4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」。最終回が近づくにつれていいねやリツイートが十万単位で記録するなど、Twitter発で世間を巻き込んだムーブメントとなりました。

第3位 緊急事態宣言

新型コロナウイルス感染拡大を受け、4月7日、7都府県を対象に発令された「緊急事態宣言」。「外出自粛」や「不要不急」といった言葉も2020年に話題になりました。

Twitter上には、緊急事態宣言下においても平時と変わらず勤務していた医療従事者やスーパーマーケットなどのライフラインに従事する人たちに対する感謝のツイートも多く見受けられました。

第2位 #検察庁法改正案に抗議します

検察官の定年を段階的に65歳に引き上げ、内閣が認めれば定年延長を最長で3年まで可能にするという検察庁法の改正案が、5月8日から衆議院内閣委員会で審議されました。

これに対してTwitter上ではミュージシャンや俳優、演出家、漫画家ら著名人による抗議の投稿が相次ぎ、「#検察庁法改正案に抗議します」というハッシュタグをつけた投稿は2日間でのべ480万件を超えることに。

カンニング竹山さんは「正しいのか間違っているのかは別として、参加することや知ることをきっかけにして、深く勉強する人もいたと思う。これからの時代は自分から発信したり、自分の意見をイエスかノーか言うことを求められるのでは。いろいろ騒ぎになったけれど、結果的によかったんじゃないかと思います」と語りました。

第1位は「コロナ(新型コロナ)」。

2019年後半に中国で発生し、瞬く間に世界中に感染が拡大した新型コロナウイルス。Twitter上では注意喚起のツイートや、ユーモアや優しさを交えながら「コロナのある生活」を乗り切ろうとするツイートが見られました。

田村淳さんは「Twitterで情報も探りましたけど、支え合うような言葉とか、自分も励ますような言葉とかも多く投げかけた1年だったと思います」とコメントしました。

堀潤さんは「Twitterで(新型コロナウイルスへの注意喚起などの)声をかけあっている様子を見て、こうやってこの国は戦争から復興し、災害からも立ち直ってきたんだなと思いました。(コロナに)きっと負けない、この社会があればって思わせてもらいました」と感慨深げに語りました。

Twitter データで振り返る「コロナ」。ポジティブなハッシュタグランキングも発表!

1位となった「コロナ(新型コロナ)」に関連して、Twitterのデータで新型コロナウイルスの影響を振り返りました。

「コロナ」というワードを含んだツイート数とコロナ関連ニュースを時系列でまとめたグラフや、ツイートを「ポジティブツイート」「ネガティブツイート」に分けて量を可視化したグラフなどを紹介。4月頃から「ポジティブツイート」が「ネガティブツイート」を上回っていく様子も明らかに。

駒井千佳子さんは「マイナスの声やネガティブな声って、数は少なくても大きく響いてしまったりすることもある。でも、この頃のTwitterって、支え合おうとする人の一生懸命生きる様子が感じられました」と語りました。

また「コロナ」に立ち向かおうとするポジティブなハッシュタグのランキングも発表。1位には「#コロナに負けるな」が輝きました。

田村淳さんは番組の終盤、改まった表情で「#Twitterトレンド大賞 2020」受賞者を発表。「例年であれば第1位のワードに関連する方を表彰いたしますが、今年は特定の受賞者はおりません。今年は特別に、新型コロナウイルスへの感染予防に努め、新しい生活様式を確立しようと努力したみなさん、一人ひとり、あなたを受賞者とさせていただきたいと思います」と、視聴者に向けて語りかけました。

番組を振り返って鷲見玲奈さんは「私は初めて参加させていただいたんですけれども、こうして1年をまるっとキーワードで振り返ると、あんなこともあったなって一気に思い出されて、本当にいい時間になりました。(コロナ禍でない)普通のときも来たいです」とコメント。

最後に田村淳さんは、「2020年は、私たちが予想していた、希望に溢れた、華やかで、飛躍的な1年とは全く異なるものになりました。誰しもにとって一生忘れられない1年であり、人類史上においても後世にまで語り継がれる1年になったといえるでしょう。未曾有の年を過ごした私たちは、今までよりほんの少しだけ強くなれているはずです。来年、この1年を経た私たちの中からどんなトレンドが生まれるのでしょうか? また来年、元気にお会いしましょう。ありがとうございました」と番組を締めました。

各ジャンル部門賞や「最多リツイート」「最多いいね」「急上昇アカウント」の各部門賞も発表!

番組中には「ゲーム」「スポーツ」「ニュース」「アニメ」の各ジャンル部門賞と、「最多リツイート」「最多いいね」「急上昇アカウント」の各部門賞も発表されました。

ゲーム部門賞は「あつまれ どうぶつの森」などのヒット作を生み出した「#nintendoswitch」、スポーツ部門賞は全米オープンテニスで2度目の優勝を果たし、Black Lives Matter運動でもメッセージを発信し続けた「大坂なおみ」、ニュース部門賞は「#半沢直樹」、アニメ部門賞は歴史的大ヒットを記録している映画「劇場版「鬼滅の刃」無限列車編」に関連して「#鬼滅劇場版」が受賞しました。

「最多リツイート部門賞」と「最多いいね部門賞」を受賞したのは、きくちゆうき(@yuukikikuchi)さんがTwitter上で発表した漫画「100日後に死ぬワニ」の100日目のツイート

リツイート数は驚異の67万超、いいねは200万以上を記録し、2部門を同時受賞。作者のきくちゆうきさんが会場でトロフィーを受け取りました。

2020年に新しくTwitterアカウントを開設した人や団体の中から、最も話題となったアカウントを選ぶ「急上昇アカウント部門賞」は、手越祐也(@YuyaTegoshi1054)さんが受賞。VTR出演しました。手越祐也さんは「Twitterって影響力のあるツールだと思いますので、人を笑顔にしたり、人を助けたりとか、いろんな大切な情報を拡散したりとか、そういうポジティブな使い方を私、手越祐也は手越祐也なりにしていきたいと思いますので、今後とも手越祐也×Twitterをよろしくお願いします」とメッセージを送ってくれました。

さらに今年のアルゴリズムでは上位にのぼらなかったものの、特筆すべき事項があるトレンドを表彰する「審議委員会特別賞」には、「#StayHome」が選ばれました。新型コロナウイルス感染予防のため、外出を控えることが多かった2020年を象徴するハッシュタグの1つとなりました。

M-1王者・マヂカルラブリー、「ポケットからきゅんです」のひらめさんらが登場。パフォーマンスを披露!

番組中では数々のパフォーマンスも披露されました。2020年にTwitter上で話題になったパフォーマーを紹介する「#Twitterトレンド大賞 スペシャルパフォーマンス」には、さかな芸人ハットリ(@hattori95)さん、ごっちゃんこ(@Gocchanko)さん、劇団ノーミーツ(@gekidan_nomeets)さんが登場し、それぞれ個性あふれるパフォーマンスを披露しました。

毎年恒例の「M-1グランプリ」王者のネタ披露には、16代目王者となったマヂカルラブリーの野田クリスタル(@nodacry)さんと村上(@mlmurakami)さんが登場。「M-1グランプリ2020」とは異なるネタが披露され、会場は笑いの渦に巻き込まれました。ネタ披露後、野田クリスタルさんが後藤真希さんを前に「ちょっと僕あの、ゴマキさんに会いたくて……」としどろもどろに告白する一幕も。さらに花澤香菜さんが、村上さんのために「物語」シリーズの千石撫子の声を披露しました。

「ポケットからきゅんです」というフレーズがTwitterを始めとしたSNSで話題となったシンガーソングライター・ひらめ(@hirame_811)さんは、この日のために作った楽曲「幸せ」を生演奏しました。

盛りだくさんの内容となった今年の「#Twitterトレンド大賞 2020」。アーカイブ映像は公式Twitterアカウント(@TrendAward)で配信中です。